マンション・アパート・店舗物件で整体院開業するには

整体院は色々なところで開業することができますが、マンションやアパートの一室を借りて開業することができます。
自宅開業する場合には家賃はかかりませんが、マンションなどを借りると家賃の他に敷金や礼金も必要になります。
マンションやアパートを借りる時の注意点としては、物件ごとに内装や看板の出し方など条件が異なり、商用利用を認めていない場合もあります。
ですから物件探しをする時にはきちんと整体院が開業できるかどうか確認する必要があります。
店舗を借りて開業するのが一番費用がかかり、敷金礼金の他に保証金が必要になるからで、保証金は家賃の6ヶ月分~15カ月分が相場になっています。
保証金に費用がかかり、さらに内装にお金を掛けると開業資金は200万円を越えてしまうこともあります。
そして開業するにあたり、宣伝広告費も見込んでおかなければなりません。
開業したらお客さんに来てもらわないと、商売になりませんからね。
お客さんに来てもらえるように宣伝する事が必要になり、近隣などに配るチラシなどを用意するといいでしょう。
整体院のお客さんは近隣の人が多いので、チラシを配るのは効果的です。

About the Author

ctw

View Posts →